大人 バレエ 綺麗なパッセバランス①パッセの形はもも上げと同じ!

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

「パッセでの片足バランスが綺麗な形でなかなか止まれないんです。」

こんなお悩みをいただきました。

パッセでバランスをしようと思うと、何から注意すればいいか?どこから直したらいいか?混乱しますよね。

まずは難しく考えないでください。パッセはもも上げと一緒です。まずはパッセの形から整えていきます!

 

1、難しく考えないでください!パッセは「もも上げ」と同じ。

パッセをするときに、つま先の位置や膝の開き具合など意識すべきところが沢山あって、混乱しますよね。パッセは実はものすごくシンプルな動きです。

それは、パッセは行進するときの「もも上げ」と同じだからです。

腿上げは膝がおへその前にきますよね。これを股関節を外旋(アンデオール)させた状態で腿上げするとパッセの形になります。

ポイントは、骨盤が床に対して垂直になるような正しい姿勢をキープしたまま行うこと。

姿勢を意識して股関節外旋のもも上げ(パッセ)をすることで、お尻が上がらず、骨盤の位置もねじれず、綺麗なパッセをすることができます。次はつま先の位置を見ていきます。

正しい姿勢ってどんな姿勢?解剖学的な正しい姿勢はこれです!

 

2、つま先は「膝下だけを動かして」膝の真横につける!

綺麗な股関節外旋もも上げができたら、そこから膝下だけを動かしてつま先を膝の真横につけます。

ポイントは膝下だけを動かすこと。

つま先をつけようとして、膝ごと動かしてしまうと、先ほど姿勢をキープしたままもも上げを行った位置を崩してしまうことになります。

また、膝下を屈曲させて、つま先を膝横につける動作を覚えると、バレエの中の他の動き(フラッペ、ロンドジャンプアンデオールetc)に応用することができます。

ぜひ2つのポイントを意識して、まずはパッセの形を綺麗に作ることを意識してみくださいね!

大人になって始めたバレエを上達したい、なかなかうまくなれずに悩んでいる、どんな筋トレが必要かわからない、、、そんな方はお気軽にLINE@でご相談下さい。必ずご返信いたします♪

⭐️お問い合わせ・ご相談はLINE@からどうぞ。
友だち追加

⭐️12月は体験レッスン満員御礼となりました。ありがとうございます!

年明け1月も体験レッスンを募集します。募集人数は未定です。

先行予約受付しておりますので、LINE@からご連絡ください!

(90分12,000円のところ、体験レッスンは90分8,000円です。)

お申し込み・ご相談は上記のLINE@またはメールからどうぞ。

メールでのお申し込みはこちら→http://itomii.com/wp/?page_id=69

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です