バレエをやるとキュッと上がった小尻になる3つの理由!

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

バレエをすることでマッチョになりすぎない引き締まった筋肉になっていきます。大人になってからバレエを始めた方でも皆さん素敵な小尻なんです。キュッと上がって、脂肪が揺れる隙がありません。

それはバレエでは常にお尻の筋肉を使うからなのです!

今日はバレエをやることで小尻になる3つの理由をまとめました!

 

理由1、バレエでは立っているだけでお尻を使う!

バレエでは脚を外股に使うアンデオールという動きを常に行っています。(解剖学的には股関節外旋)その時に脚を外股にしておくために幾つかの筋肉を使って外股にするのですが、その中で一番と言っていいほど負荷がかかっているのがお尻の筋肉なのです。

お尻の筋肉が弱いと、すぐに内股方向に脚は戻ってしまいます。立っているだけでお尻を使うのがバレエ。これだけでとっても良いお尻のトレーニングになるのです。

理由2、脚を動かすたびにお尻を使う!

バレエといえば、脚を上げるというイメージがある方もいらっしゃると思います。バレエでは脚を外股にした状態で、脚を動かします。脚は前、横、後ろ、あらゆる方向に動かします。

脚を動かすことで股関節が動き、股関節を動かすたびにお尻の筋肉も一緒になって動きます。

私たちも普段の生活の中で、歩いたり、階段を登るたびに実はお尻の筋肉を使っているんです。しかし、歩く程度では強度が低いので、お尻を使っている!という感覚はわかりにくいです。

しかし、バレエではあらゆる高さに脚をあげ、動かすので、本当にお尻を今使っている!縮んでいる!という感覚がわかるんです。

理由3、回転やバランスなど難しい技になるほどさらにお尻を使う!

最後に、バレエでは回転やバランスなどのいわゆる「技」があります。このような複雑な動きになればなるほど、体幹を安定させるために「お腹・内もも・お尻」の3つの筋肉を同時に使っています。

(他にもいろいろな筋肉を使っていますが、意識の中ではこの3つと言った方が正確です。)

体幹がふらふら、ふにゃふにゃでは回転やバランスなどの技はうまくできません。そのため、体幹を強くするために、下半身という土台を安定させるべく、お尻及び内ももを使うことはとても大切なのです。

バレエにおいて、立っている時も、脚を動かす時も、回転やバランスのような技の時も、お尻は常に使い続けています!これほど常にお尻を使うエクササイズがあるでしょうか?これがバレエをやると小尻になる理由です!

⭐体験レッスンのお申し込みはLINE@から!
友だち追加

8月は体験レッスン2名様 残1名様 ご案内しています。通常9012,000円のところ、908,000円。枠が埋まりつつあるので、お早めにご予約ください。

⭐8月の予約状況はこちら!→http://itomii.com/wp/?p=3826

⭐メールでのお申し込みはこちら→http://itomii.com/wp/?page_id=69

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です