大人 バレエ 思ったように体が動かないのは体が硬いせいではありません!

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

「私って体が硬いから・・・・」
「なかなか体が柔らかくならないから・・・」

だから思ったように体が動かせない
そんな風に思っていませんか?

思ったように体が動かせないのは
全部、体が硬いという理由ひとくくりにしていませんか?

前屈でおでこがべったり膝につかなくても、
180度開脚できなくても、
バレエは上達できます!!

それには理由が3つあります。

 

1、あなたの目指しているところはどこですか?

前屈がべたっとつく
開脚が180度出来る
これができるようになったからと言って、
バレエがうまくなるわけではありません。

手の動きや音の取り方、ポーズの角度。
細かなパートが組み合わされて、
踊りのうまい、下手を判断しています。
芸術性、とでもいうのでしょうか?
全て総合力なのです。

バレエがうまく踊れるようになりたいという気持ちは
誰しもあるのに、この開脚と前屈などのストレッチに命をかけている
方を多くお見受けします・・・。

 

2、バレエはストレッチだけではなく、筋トレも必要!

足を高くあげるためのストレッチを沢山行っただけでは
足を自由な高さに動かせません。
それはそれぞれの角度でのキープする(止めておく)筋力が育っていないからです。

足を45度、90度、135度とキープする練習。
ゆっくりとそれぞれの角度に上げる練習。(アダジオ)
素早くそれぞれの角度に上げる練習。(ジュッテ、グランバットマン)
これらは全て筋トレです。

ある可動域まで足を上げられるようストレッチをしたら、
その可動域全てでキープできなければ
踊りには生かせない。

バーレッスンではうまくできても、センターレッスンで
思ったように体が動かないのはそのせいなのです。

 

3、筋肉が柔らかくなる=滑らかに踊れるようになる、ではありません!!!

腕の滑らかな動き、
プリエの膝の柔らかさ、
動きと動きのスムーズなつなぎ(パの事です)。

あげるとキリがありませんが、
動作がスムーズになるということと
筋肉が柔らかい、ストレッチがしっかりできているというのは
全く別のことなのです。

これは私自身、気づくまでにとっても時間がかかりました。
特に腕の動きは今では肩甲骨が重要なポイントであると思っています。

頭の中でのイメージを体に伝えるよう、
体をコントロールする。

時には滑らかに動くために必要な筋肉を
意識してコントロールしながら使っていく。

滑らかな動きは何度もなんども繰り返し、
動かしていくことで、動きが体に(脳)に刷り込まれます。

なので、ストレッチだけでは、残念ながら全てをカバーできません。
バレエはアスリートな芸術!!!^_^

ご自身の体を知って、必要な部分を強化して、どんどんバレエを楽しんでいただきたいです!

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加

⭐メールでのお申し込みはこちら→http://itomii.com/wp/?page_id=69

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です