腰痛 レッドゾーン!こんな痛みの時はバレエを休んで病院へ。 | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟反り腰・腰痛

腰痛 レッドゾーン!こんな痛みの時はバレエを休んで病院へ。

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

バレエをやっていて腰痛に悩んでいる、悩んだことがある、そんな方に向けて、「大人バレエ 腰痛予防」のブログを連日お届けしております!

今日はバレエを休んで病院に行かなければならない、レッドゾーンの腰の痛みについてまとめました。

 

1、こんな痛みの時はバレエを休んで病院に行ってください!

・横たわっていても腰が痛む ・お尻やお尻の下、坐骨あたりに痺れがある ・歩いていてふとした瞬間に痛みが走る

こんな痛みがある時は、バレエを休んで整形外科に行ってください。

このレベルの痛みは、放っておいて完全に治ることはありません。自分が感じている痛みの原因が正しいかどうかを診察を受けて、判断してもらうことが大切です。

自分は大丈夫、と思って腰痛のために行っているケアがかえって状態を悪化させている可能性も!

痛みの原因を知り、正しい治療を経て、腰痛は治すことが大切です。

 

2、早めに痛みに対応することで長く踊り続けられます!

当たり前のことですが、早めに痛みに対応することで、長く楽しく踊り続けられます!

痛みがあっても放っておけば治ると考えても、またふとした時に痛みが出てくるとそれは完治しておらず、痛みと付き合っていかなければなりません。

私自身、幼少期からバレエを続けていますが、一度も腰痛や大きな怪我で、レッスンを長期中断したことはありません。体の痛みが原因である特定の動きができなくなった、ということもありません。

それは、レッスンをしていて、どこかに不具合を感じたらすぐに整形外科に行き、リハビリなどの対応していたからだと思います。

早めの対応、それが長く楽しく踊り続ける秘訣です!

 

3、度々腰痛になったり治ったり・・・そんなあなたは筋力不足かもしれません。

痛みがあっても放っておけば治る!それでも度々腰痛に・・・そんなあなたは股関節周り(お尻・内もも・もも裏)とお腹及び体幹の筋力不足です。

最初は気にならないほどの痛みでも、レッスンの中で腰に負担がかかる動きを行うなどのふとした時に、より痛みが大きくなることも考えられます!

「私は大丈夫」と考えずに、長く楽しく踊り続けるための筋トレを、トレーナーとして、そしてバレエを楽しむ一人としておすすめします^_^

以上、腰痛 レッドゾーン!こんな痛みの時はバレエを休んで病院へ。でした!

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ