バレエ反り腰になってしまう理由と解決方法 | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

■大人のバレエ情報

∟反り腰・腰痛

バレエ反り腰になってしまう理由と解決方法

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

バレエをやっているともっと体を動かそうと思うあまり、反り腰になってしまう、そんな経験はありませんか?反り腰になるとバレエのアンデオールもうまくいかず、さらに腰も痛くなるという悪循環。反り腰を続けるとパフォーマンスが下がってしまうのです。今日は反り腰になる理由とその解決策をまとめました!

 

 

1、バレエで反り腰になってしまう原因とは?

反り腰とは、ざっくりと”腰が反っている状態”のことを言います。

しかし、ラジオ体操のように後ろにただ反っているのではなく、骨盤が前に倒れることで姿勢を保とうと
後ろに腰を反らせてしまっている状態なのです。

加えて、バレエでは、アンデオールを行います。
股関節を外旋した状態で、ルルベや片足の動きなど、バランスが不安定になる動作を多く行うため、
姿勢をキープできずに、腰で姿勢を支え、結果反り腰になってしまうのです。

バーレッスンでバーを持っていたり、動きが少ない時は気をつけられますが、
ダイナミックな動きになればなるほど反り腰になりやすくなります。

 

2、反り腰のまま踊り続けると腰痛を引き起こします!

反り腰のまま踊り続けるということは、腰にさらに負担をかけることになります。

常に腰部の筋肉が収縮し、腰痛を引き起こす原因となります!

反り腰は動きが制限され、さらに腰痛も引き起こす・・・。
これではバレエのパフォーマンスが下がってしまいます。

反り腰を改善するためには、「正しい骨盤の位置と姿勢」を体で覚えることです。

反り腰になっている方は反り腰が当たり前の姿勢になっているので、バレエのレッスンだけでなく、
日常生活から意識していくことが大切です。

正しい骨盤の位置と姿勢の作り方は上の動画に載せています。

反り腰に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加

⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ