バレエ映画「パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち(2016)」を勝手にレビュー! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエコラム

バレエ映画「パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち(2016)」を勝手にレビュー!

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

昨日、やっと見てきました@渋谷Bunkamura !

バレエドキュメンタリー映画「パリ・オペラ座〜夢を継ぐ者たち〜」 映画ホームページ:http://backstage-movie.jp/

今回のブログではこの映画を個人的に勝手にレビューさせていただきます!



 

 

 

 

 

 

 

<こうして、オペラ座の伝統は受け継がれている!>

このバレエドキュメンタリー映画は アニエス・ルテステュ マチュー・ガニオ の二人のエトワールダンサーの リハーサル風景やインタビューがメインとなっていました。

・ロシア「ボリショイバレエ団」へのゲスト出演 ・「ジゼル」「バヤデール」などの古典作品のリハーサル風景 ・新作コンテンポラリーダンスの創作振り付け過程 ・どのようにしてオペラ座の伝統が受け継がれているのか

この4つの場面から映画が構成されていました。

ドキュメンタリー映画にありがちなインタビューメインではなく、 踊っているシーンもしっかり入ってます。

特に、アニエスが「ヌレエフから受け継いだバレエをどのように伝えていくか」 という貴重なインタビューにオペラ座の伝統を垣間見ることができました。 振付だけが後輩に受け継がれるのではなく、これまで先輩のダンサーから 受け継がれた役の解釈や、踊りのイメージや雰囲気(映画では「残り香」と表現) を大切にして、若手ダンサーの個性に合わせて伝えていくそう。

パリオペラ座は、オペラ座ならではの型を重視して 伝統を伝えているのかと思いきや、若手ダンサーの個性も大切にしているという点が 個人的に驚きました。これがバレエがスポーツとは違う、芸術であるということ。 伝統を伝えつつも、表現する自由をダンサー個人に与えている。 技術や型だけではダメなんですね。

 

<フォーサイス〜バレエダンサーが踊るコンテンポラリーダンス>

クラシックバレエは豪華なふわふわの衣装を着て舞い踊る、と言う イメージがまだまだ一般的だとは思います。 しかし、多くの世界的バレエ団ではいわゆるバレエだけではなく、 コンテンポラリー作品を踊ることも主流になってきています。 バレエダンサーはバレエだけ踊っていればいい、という時代ではないんですよね。

映画の中ではウィリアム・フォーサイスの新作のリハーサル風景が 収められています。

アニエス曰く、「フォーサイスは10年先の未来を読める天才振り付け師。 彼は歴史に名を残す振り付け師だと思う。」とのことで、 最先端の舞台を作り上げる世界の有名振り付け師です。

・過去にやったことのあることはしない ・マンネリもなし ・ダンサーの力量、才能を引き出す ・ダンサーの意見も柔軟に取り入れる

など褒めちぎりのインタビュー内容でしたが、 一般人にはまだまだ理解できないことも多い 圧倒されるダンスシーンでした。

このような最新の作品を見るたびに、 「バレエは、そしてダンスは、まだまだ先に進んでいく」 「人間ができることには無限の可能性がある」と感動します。

バレエダンサーが踊るダンスにはこんなダンスもあるんだ! そしてバレエダンサーの身体能力ってすごい!という2つを楽しみながら 見ていただきたいシーンです。

 

<ダンサー、オニール八菜さんのリハーサル風景>

東京都出身のオニール八菜さんの バヤデールのリハーサル風景も後半に収められています。

八菜さんは、現在オペラ座で活躍しているダンサーで バレエ界のアカデミー賞などと称されるブノワ賞を 2016年に受賞し、日本で報道された記憶が ある方もいらっしゃるかもしれません。

伊勢丹やチャコットの広告もつとめており、 今日本でも世界でも注目のダンサーです。

世界の有名バレエ団の中で日本人が活躍している時代ですが、 パリオペラ座という階級をきっちりと決め、 伝統やスタイルを重んじているバレエ団に 日本人のダンサーが活躍しているのは とても稀なことなのです。

同じ日本人としてとても嬉しかったです。

 

<パリオペラ座のドキュメンタリー映画は他にもあるよ!>

「ミルピエ・パリオペラ座に挑んだ男」(2015)

「パリオペラ座の全て」(2009)

まだまだ敷居が高いバレエの舞台。 だからこそ、このバックステージを追った ドキュメンタリー映画は貴重な映像が収められています。

同じ人間とは思えない美しく強靭な肉体で オリンピックレベルのパフォーマンスを披露するダンサーたち。 作品作りの過程を追った貴重なリハーサル風景は 私たちにより、バレエを、舞台を、芸術を 身近なものに感じさせてくれます。

以上、バレエ映画「パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち(2016)」を勝手にレビューでした!



 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ