バレエレッスン前はストレッチだけじゃなく筋トレも行った方が良い理由 | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエ パフォーマンスUP

バレエレッスン前はストレッチだけじゃなく筋トレも行った方が良い理由

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

バレエのレッスンが始まる前に各自行うウォームアップ。床で動いたり、バーを使ったり、、、ただストレッチをメインで行っていませんか? しかもほとんどが下半身が中心。

もちろん私もストレッチを行いますが、加えて必ず体幹トレーニングを行っています。

それは、バレエでは常に「お腹及び体幹」を意識して動いているからです!今日はストレッチだけじゃなく、筋トレもウォームアップに入れた方が良い理由をまとめました。

 

1、ストレッチだけじゃなくて筋トレをウォームアップに入れた方が良い理由

バレエのレッスンの最初に行うバーレッスンの時から「お腹及び体幹」を意識した動きを行います。もっと言うと、お腹及び体幹を意識しなければうまくできない動きを行っています。例えば、ルルベでバランスをとったり、脚の動きに合わせて腕をつけたり。シンプルなように思えて、「お腹及び体幹」の意識がなければグラグラと体がぐらついたり、動きがもたついてしまいます。

なので、バーレッスンの最初から体を動かしやすく、コントロールしやすくするためにストレッチだけではなく、筋トレを行う必要があります。

特にお腹を意識するための腹筋や、プランク(腕立て姿勢)などでお腹及び体幹に力を入れるエクササイズがおすすめです。

気づき!バレエレッスンでお腹を最初から意識するにはコレをやる!

 

2、ストレッチは下半身だけではなく満遍なく!

レッスンが始まる前にはストレッチももちろん大切です。しかし、周りを見渡すと、どうしても開脚やふくらはぎ伸ばし、前屈など下半身のストレッチに偏りがちな印象を受けます。

バレエでは下半身の動きに目が行きがちですが、例えば腕を大きく動かしたり、首をつけたり、上半身(細かくは胸椎)で動きに表情をつけたりと、上半身をコントロールする動きもたくさん出てきます。

なので、肩甲骨を動かし、背骨を動かし、体側を伸ばし、首をストレッチし、、、、と上半身をストレッチし、動かすエクササイズも行う必要があるのです。

 

3、レッスン前は怪我なく、体を動かしやすい状態に持っていくことが大切!

「バーレッスンが始まる前にすでにセンターレッスンができるくらい体が動いている状態になっていることが理想」と昔、バレエの先生に言われたことがあります。

これは十分に体があたたまり、脚をあげたり、キープしたりするようなダイナミックな動きを行っても怪我がないように、という意味だと捉えています。

レッスン前にすでに動きやすい体になっているためには、ストレッチだけでなく、筋トレも必要です。また、ストレッチも開脚や縦開脚など下半身だけに偏るのではなく、他の部位のストレッチも必要です。

 

ストレッチだけではなく筋トレもウォームアップに取り入れた方が、今以上に体が動かしやすく、怪我のない状態でレッスンに望むことができるのです。

以上、バレエレッスン前はストレッチだけじゃなく筋トレも行った方が良い理由 でした!

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加

⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

 

PAGETOP
ページトップヘ