大人バレエ お尻を締めるのは骨盤後傾ではありません! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエ 体の使い方

大人バレエ お尻を締めるのは骨盤後傾ではありません!

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

「お尻をぐっと締めて!」「お尻の穴から!」バレエでは写真のようにバランスを取る時、足を上げる時、回る時、ありとあらゆる場面でお尻を使うことが求められます。

お尻をぎゅっと締める時、ついつい頑張りすぎてやりすぎて、結果、お尻を締める=骨盤後傾になっている・・・。
それはお尻を締めることと異なる動きになってしまいます。

今日はバレエにおけるお尻の閉め方をまとめました。

 

 

1、お尻を締める=骨盤後傾ではありません!

バレエではアンデオール(股関節外旋)を行うので、お尻の筋肉を収縮させる時、力を入れすぎると骨盤も一緒に後傾方向へ動いてしまう場合があります。

これが癖になると、常に骨盤後傾方向に体を動かすことになるので、せっかくアンデオールしているのにアンデオールの状態で足を動かすことがかえって難しくなります。また、お尻を締めることで骨盤後傾方向に動いているのに、アンデオール(股関節を外旋)することで、腰への負担が増し、腰痛につながる場合もあります。

お尻を締めることはお尻の筋肉を中央へ寄せることであり、骨盤を後傾に動かすことではありません。

骨盤を後傾方向に動かすことが癖になっている場合は、お尻を閉めようとする力が強すぎるか、お腹や頭のてっぺんを上方向へ引き上げる力が弱いことが考えられます。

 

2、お尻を締めるのはお尻の筋肉のみを中央へ動かすこと。

お尻を締めるのは、お尻の筋肉のみを中央へ動かすこと。決して骨盤を動かそうと考えないでください。

わかりやすいのは、一番でプリエをした状態から、膝を伸ばす時にお尻のみにキュッと中央へ寄せるように力を入れること。お尻を触りながらやってみてもいいかもしれません。

さらに、しっかりとお尻を収縮できるようになると、膝を伸ばすタイミングで内もも(内転筋)にも力が自然と入るはずです。

無理して動かそう、力を入れようとせず、まずはシンプルに一番プリエから始めてみてください。この感覚がわかってきたら、足を二番ポジション、五番ポジションと変えて行ってみてくださいね。

 

体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から
友だち追加

⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

 

PAGETOP
ページトップヘ