大人バレエ タンジュ 片足で内ももを意識するのが難しい2つの理由 | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエ 体の使い方

大人バレエ タンジュ 片足で内ももを意識するのが難しい2つの理由

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

「内ももを使ってタンジュして!」「内ももから足を出して!」

バレエで足を出す「タンジュ」の動き。この時「内もも」を意識して!という言葉を多く聞いたことがあると思います。

しかし、なかなかタンジュの時に内ももを意識することは難しい・・・。これには2つの理由があります。

今日はタンジュで内ももを意識するのが難しい理由と、意識するために一番最初にやるべきエクササイズをまとめました。

1、片足で内ももを意識するのが難しい理由

タンジュの時に内もも意識するのが難しい!と多くの大人バレエの方が悩んでいると思います。

これには2つ理由があります。まず、内ももは柔らかく、脂肪が多い部位ですので、前ももや背中のようにすぐに力が入りづらいということが挙げられます。触って手で確かめなければ力が入っていると確認できない場合も多いです。

そして、意識しなければいけない時のタンジュの動作は、「片足」になっている時なのです。これはどんな動きにも当てはまりますが、地面についている面積が少なければ少ないほど、各部位の筋肉を意識したり、バランスをコントロールすることが難しくなります。

「両足→片足→ルルベ(かかとをあげる)」といった具合に、レベルはどんどん上がります。

内ももを使う感覚がまだ無い状態で、いきなり片足のタンジュの動作で内ももを意識するのはかなりレベルの高いことなのです!

 

2、内ももを意識するために一番最初にやるべきエクササイズはこれ!

両足が地面についた状態で内ももを意識するエクササイズです!

【内もも意識エクサ:両足バージョン】

①かかとを2センチほどあけた状態で一番ポジションになります。 ②丸めたタオルorボールを内ももを間にはさみます。 ③そのまま前ももの力を抜いて、内もものみで挟むように意識をします。(10秒〜20秒)

Point:前ももの力が強すぎると内ももの感覚がわからない場合があります。 前ももリラックスを心がけてください。

④10秒たったら、タオルorボールをとり、内ももを中央へ寄せてくるようなイメージで プリエを10回行います。

 

このエクササイズが基本です!これで内ももの意識がわからない場合は、タンジュでの内ももの意識は弱いんだな、と考えてください!

まずはプリエから、内ももの意識を始めてみてくださいね!

 

体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から 友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2



 
PAGETOP
ページトップヘ