大人バレエ 良い姿勢をしようとすると腰が痛くなる理由。 | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟反り腰・腰痛

大人バレエ 良い姿勢をしようとすると腰が痛くなる理由。

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

バレエのレッスンで良い姿勢をしようとすると腰が痛くなる、または良い姿勢をした後に腰が痛くなってしまう。そんな、良い姿勢をしようと心がけるのになぜか腰痛になってしまうことありませんか?このお悩みはバレエをやっている人以外にもよく耳にするお悩みです。

良い姿勢をしようとするのに腰が痛くなる、その理由はお腹よりも腰に力が入っているからです。

 

1、良い姿勢をすると腰が痛くなるのは、お腹よりも腰に力が入っているから。

良い姿勢をすると腰が痛くなる。体を上へ引き上げようとすればするほど腰が痛くなる。

これは本来ならばお腹に力が入れば良いのですが、お腹に力が入らず、腰に力が入ってしまい、腰で体を引き上げることになってしまっているのです。なので、良い姿勢を保とうとすればするほど腰に負担がかかります。

お腹の筋力が弱いため、意識が弱い。そして、腰をいつも使ってしまっているため意識が強く力が入りやすいのです。

 

2、お腹のトレーニングをする前に、腰の力を抜くために骨盤を立てよう!

では、お腹の意識を強くするためにお腹のトレーニングをすれば良いのでは?と考えると思いますが、その前に腰の力を抜くために骨盤を立てるトレーニングが必要です。

腰が痛い時は必ずと言っていいほど、腰に負担がかかるような骨盤の位置になっています。(この位置は人によって様々です)

そんな状態のままどんなトレーニングを行っても、腰に力が入るような体の動かし方になってしまいます。

腰が痛くてもお腹のトレーニングはできますが、これではいつまでも腰の痛みを改善することができません。痛みがあることで、動きが制限されたり、他の怪我を引き起こすことにもなりかねません。骨盤の位置から見直し、腰に痛みなく良い姿勢をできるようになることが、バレエのパフォーマンスアップにつながります。

「腰が痛い→骨盤を立てる=腰の負担の軽減→お腹の意識を高める→無理なく体を引き上げ、良い姿勢を保てる」と

考えます!

以上、大人バレエ 良い姿勢をしようとすると腰が痛くなる理由。でした。

   

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ