大人 バレエ 腰痛予防にストレッチだけでは不十分な理由 | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟反り腰・腰痛

大人 バレエ 腰痛予防にストレッチだけでは不十分な理由

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

「腰痛になるのはカラダが硬いから!もっとストレッチしなきゃ!」

そんな風に考えて、下半身や腰部をどんどんストレッチ・・・ちょっと待ってください!

腰痛を予防するにはストレッチして伸ばさなければいけない部位と、筋トレで収縮しなければいけない部位があります!

すべてストレッチでは腰痛は解決できない!その理由をまとめました。

 

1、腰痛予防にストレッチだけでは不十分な理由。

腰痛を予防するには、「骨盤を立てる」ことが第一に必要です。(骨盤を立てることで腰部への負担がなくなるからです。)

骨盤を立てるために、骨盤を支える股関節まわりの3つの筋肉「お尻・内もも・もも裏」にアプローチします。

この股関節まわりの3つの筋肉の状態は非常に個人差があります。硬い部位、柔らかい部位、人によって本当に違います。なので、人によっては筋トレで、人によってはストレッチで、というように、骨盤を立てるためにアプローチの仕方を変えるのです。(これがパーソナルならではですね。)

それが、アプローチの仕方がすべてストレッチになってしまうとどうでしょうか?

柔軟性は上がるかもしれませんが、骨盤の位置は変化せず、当然腰の状態も変化しません。

腰痛予防にはストレッチだけでは不十分であり、筋トレを組み合わせることが大切だと考えます。

 

 

2、アプローチの見極めは骨盤の位置と股関節の可動域。

腰痛予防のためにアプローチしたいのは、お尻(中臀筋)、内もも(内転筋)、もも裏(ハムストリングス)の3つの筋肉。弱い筋肉は筋トレで強化。緊張しすぎている筋肉はストレッチで緩める。

それをどのように見極めるのか?決め手は骨盤の位置と股関節の可動域です。

反り腰のような前傾姿勢なのか?尻尾が丸まったような後傾姿勢なのか?

そして、股関節の動きを左右みます。それによって伸ばすところと縮めるところ、エクササイズの種類を見極めています。

 

3、バレエをやっている人が腰痛になってしまう原因。

腰痛にならないようにするにはストレッチ、というイメージがある中、それでもなぜバレエをやっている人がストレッチを行っていても腰痛になってしまうのか・・・それは緊張すべき筋肉までストレッチで緩んでしまっているからです。

バレエをやっている人は柔軟性は人並み以上ですので、ストレッチだけでは不十分。むしろストレッチをせずに筋トレを行った方が良いのです!!! 腰痛予防には筋トレとストレッチ、両方必要なのです。

以上、大人 バレエ 腰痛予防にストレッチだけでは不十分な理由。でした。

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ