【バレエ】サボりと省エネは違う!体の使い方で思うこと | 中野区本町 女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

■大人のバレエ情報

∟バレエコラム

【バレエ】サボりと省エネは違う!体の使い方で思うこと

こんにちは。
恵比寿 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。


 

 

 

 

バレエのためのパーソナルトレーニングでは一人一人のお悩みに答えながら体の使い方を伝えています。その中でここ最近思ったこと、それは「サボりと省エネは違う」ということです。

バレエのためにパーソナルで体づくりをする、体の使い方を習得する、そんな時は決まって苦手な動き、克服したい動きに向き合うことになります。やり慣れないやり方に取り組むことになるので簡単にはいきません。

今使っている体のエネルギーの倍以上頑張らなくてはいけないことも多々あります。。。

 

そうすると出てくるのが「こんなに頑張らなくちゃいけないの!?」という言葉。そうなんです・・・。それくらいやらなければできない場合が多いです。

普段の倍以上、120%の力を出し尽くしていくと、体が育ち、力の抜きどころ・入れどころがわかってきて、やがて体の使い方が上達します。

最初は120%でやっていたものが、いつしか省エネで体を動かせるようになっているのです。

最初から省エネでできる上手いやり方はありません。(パーソナルだと個別指導などでそういう簡単なやり方を教えてくれると思う人もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。笑)

サボりと省エネを間違って捉えていると、悲しいことになかなか上達していきません。頑張って取り組んだ先に省エネがあります!!

しんどい!!と感じるかもしれませんが、私たちの体は正しい方向で頑張れば、必ず答えてくれます。

バレエは重力に逆らう動きの連続で、筋肉にしんどい思いをさせることが多いですが、そこはバレエに対する愛とガッツを持って踊っていきたいな〜!と思っています。

 

【自宅で受講】バレエのための体作り動画販売を始めました。

☆オンラインでのレッスン詳細はこちら

☆お問合せはLINEまたはメールフォームから

 

 

 

PAGETOP
ページトップヘ