大人 バレエ 腕を挙げて腕が落ちてしまうのは背筋が硬いのが原因です! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエ 体の使い方

大人 バレエ 腕を挙げて腕が落ちてしまうのは背筋が硬いのが原因です!

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

バレエのレッスンの中で、腕を頭の上まで上げる動き(アンオー)をしようとすると、どうしても腕が思ったように上まで挙がらない・・・。腕をあげようとしても、腕が前に落ちてしまう。これは「背筋」が硬いのが一番の原因です!

 

1、腕が顔の前に落ちてしまうのは「背筋」が硬いから!

腕をあげる時は、「胸筋が伸びて、背筋が縮む」というように筋肉が動きます。つい腕が前に落ちてしまうのは、胸筋と背筋2つの筋肉がうまく動いていないからです。

背筋が「硬い」というのは硬直している、つまりきちんと機能していないということなのです。

バレエでは体の動きが悪いと全てストレッチが解決するというイメージがまだまだありますが、腕を上げるには背筋は縮ませなければいけないのです。

 

2、背筋が硬いことによって姿勢が崩れる原因にも!

背筋が硬いこと(機能していない)によって背中が猫背以上にこんもり丸くなってしまったり、胸を前に突き出すような動きがしにくくなったりと、良い姿勢を保ちにくくなる原因にもなります。

バレエにおいては、まっすぐの姿勢が保てものの、上半身がまっすぐになったまま上半身で滑らかな動きを表現しにくくなります。(バレエの先生の「ずっとまっすぐになったままで動きに表情がない!」という言葉を思い出します)

また、良い姿勢を保ちにくくなると、そこから腰が痛くなったり、首が痛くなったりと体の痛みが出てくることにもなりかねません。

バレエのパフォーマンスアップトレーニングでも、姿勢改善トレにおいても、背筋がきちんと機能しているか?というのは見逃せないポイントになっています。

 

3、背筋を伸ばして縮めるエクササイズをしよう!



腕を頭の上まで上げるために、まずは背筋を伸ばすことと縮めること両方のエクササイズを行って動いていない背筋を機能させることが大切です!

トレーニングで毎回行っているエクササイズをご紹介します。

①四つん這いになります。 ②息を吐きながら背中を丸めます。(背筋伸ばす動作) point!! 尻尾を丸めるようにお尻に力を入れ、手のひらで床を押し、お腹を薄くへこませてください。 ③息を吸いながら反ります。(背筋を縮める動作) point!! 尻尾は上に立てるように、頭のてっぺんを頭突きするように、胸を前へ押し出してください。

このエクササイズを5〜10回毎日行ってください!特にpoint!!を意識してやってみてくださいね!

背筋の動きがよくなるにつれて、腕が以前よりもスムーズに挙がるようになります!

以上、大人 バレエ 腕を挙げようとして腕が落ちてしまうのは背筋が硬いのが原因です!

 

⭐️お問い合わせ・ご相談はLINE@からどうぞ。 友だち追加



メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ