バレエ経験者の筋トレがうまくいかない理由 | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエ 体の使い方

バレエ経験者の筋トレがうまくいかない理由

こんにちは。
恵比寿 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。


 

 

 

 

今日のブログは「バレエ経験者の筋トレがうまくいかない理由」というタイトルでお届けします。バレエ経験者、特に現在進行形でバレエをしている方はぜひ抑えておきたいことをブログにしました。

ぜひチェックして、自身で効果的に筋トレできるようにしましょう!

 

 

1、バレエ経験者の筋トレがうまくいかない理由

筋トレエクササイズを自分でやろうとするときに、なかなか目的とする部位の筋肉に効いていないという経験はありませんか?例えば、お尻のトレーニングなのにお尻に効いてるかわからない。もも裏に効かせたいのにもも裏を使っているかどうかよくわからない・・・これはバレエをやっている人の体の特性に理由があります。

股関節の動きを例に挙げます。バレエでは股関節の可動域を最大限発揮して動かす動きがとても多く、長年やっているとその動きに体が慣れていきます。すると、本来であればお尻や前ももなどの大きな筋肉を使わなければ動かすことが難しい動きでも、股関節の可動域や柔軟性だけで動きをカバーできてしまうのです。

股関節を例に出しましたが、他の部位も同様です。

巷にあふれるエクササイズ動画は「大きく動かすことで筋肉に効かせる動き」がとても多く、バレエをやったことがない人であれば十分負荷がある筋トレエクササイズでも、バレエ経験者には効いているかどうかわからない・・・となるのはそのためなのです。

 

2、バレエ経験者は筋トレするときに”キープ”を意識しよう!

関節の可動域や柔軟性に頼った動きができないように筋トレするには様々な方法がありますが、今日はセルフでできるやり方をお伝えします。

それは、エクササイズの途中で動きを止め、キープすることです。このとき、目的とする部位(例:お尻)以外の力が抜き、目的とする部位だけを使うように意識させましょう。そして、目的とする部位が意識できるようになったらまたエクササイズを再開します。

いきなりエクササイズをやると動くことばかりに気を取られ、可動域や柔軟性に頼った動かし方になってしまいがちです。目的とする部位が意識できるよう一度止まってみてください。

可動域を制限した状態で、目的とする部位へ負荷をかけることが大切です。ぜひやってみてくださいね。

 

 

初めての方へ

当サロンはあなたの理想の体づくりをサポートします。パーソナルトレーニングにご興味のある方、体験レッスンのご案内をしております。体験レッスンは通常90分12,000円のところ、90分8,000円です。

オンラインでのパーソナルトレーニングは初回体験レッスンは60分8,000円のところ5,000円です

オンラインパーソナルトレーニング開始のお知らせ

▷メールでのお問い合わせはこちら
▷予約状況はこちら

▷itomiiの想い
▷料金・メニュー表

*YouTube伊藤みなみチャンネル
聞くだけでバレエが上手くなる?健康になれる?YouTubeチャンネル配信中!手探りながら始め、現在1,000人の方がチャンネル登録してくださっています。本当にありがとうございます。引き続き、発信していきますので、応援よろしくお願いいたします!

 

PAGETOP
ページトップヘ