ご好評いただいているパーソナルストレッチ3つの良さまとめ | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

■ストレッチのこだわり

■ストレッチのこだわり

ご好評いただいているパーソナルストレッチ3つの良さまとめ

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

先日、あるお客様に「伊藤さんて、ストレッチの専門家ですよね??いつもやってもらうストレッチがとても気持ちがいいです!」というとてもありがたいお言葉をいただきました。ありがとうございます🙇✨とても嬉しいです。

 

ストレッチとの付き合いはバレエ時代から。
その時からストレッチの試行錯誤が始まっています。
「痛くなくて気持ちよく伸びる」そんな今のストレッチのやり方に繋がっています。

パーソナルトレーニングでは「筋トレ・ストレッチ・有酸素運動」
全て行うようにメニューを組んでいますが、トレーニングの最後に”パートナーストレッチ”を必ず行っています。これが自分で言うのも変ですが、とてもご好評いただいております。

今日はこのパートナーストレッチとは何か?そしてその3つの良さをご紹介します。

 

【パートナーストレッチとは?〜効率よく柔軟性を獲得できます〜】

「トレーナーが相手の筋肉をストレッチすること」です。

ストレッチというと、
自分で行う柔軟体操を思い浮かべると思います。
パートナーストレッチは違います。
写真の通り、あなたは寝ているだけでよくて、
トレーナーをストレッチをかけるのです。

マッサージとは違い、あくまでも筋肉を伸ばします。
指圧のような揉み返しもなく、
無理なく効率よく筋肉の柔軟性を高めることができます。

 

良さ1、寝たままで何もしなくていい!

先ほども言いましたが、パートナーストレッチは、トレーナーがストレッチをかけるので、お客様は寝たままで良いのです!

仰向け、うつ伏せ、横向きなどストレッチする部位によって姿勢を変えていただきますが、基本は寝ているだけ、です。

 

良さ2、体がリラックスした状態でストレッチできる!

「ストレッチ=痛い」と思い込んでいませんか?

痛いと感じるのは力(りき)んでいるからです。ストレッチしようとすると、キュッと筋肉に力が入る。力が入った状態では当然ストレッチは痛いです。

その点、パートナーストレッチでは寝たままなので力んでいないリラックス状態ストレッチできます。
自分でやるよりも、リラックスできている分、しっかりと伸ばせて気持ちいいのです!

 

良さ3、手の届かない部位まで伸ばせる!

肩まわり、首まわり、背中など一人では手が届かない部位でもトレーナーの手を借りるのでまさに猫の手のように、手が届きます。「そうそう!ここをストレッチしたかったんだよね!」とストレッチ中はよくこのお言葉をお客様からいただきます。

また、トレーナーがストレッチをかける際、体の硬い部分や伸ばしにくい箇所を見極めて行います。

以上、3つの良さでした。

 

私自身、バレエだけをやっていた頃、行っていたストレッチはセルフストレッチのみ。
どうしても柔らかくならない部位があり、半ば諦めていました。
しかし、パートナーストレッチに出会ってから、急激に苦手意識のあった部位の筋肉が柔らかくなりました!
その時は本当に嬉しくて、このパートナーストレッチの可能性みたいなものをものすごく感じたのを今でも覚えています。

これからトレーニングを始める方に、そして、バレエを楽しむ方に、年齢問わず、体験していただきたいなと思っています。

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加

⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ