開脚 柔軟性を高めるストレッチのポイントは力を抜くこと! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟股関節

開脚 柔軟性を高めるストレッチのポイントは力を抜くこと!

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

バレエにおいて開脚はマストストレッチ!

骨盤を立てて股関節の可動域を最大限発揮できるようにしたら、あとは毎日この正しい形をキープして少しずつ開脚の角度を広げていくこと。

「なかなか理想の開脚にたどり着かない!こんなストレッチじゃなかなか開かないわ!」とハードなストレッチをしたくなりますが、理想の開脚に近くには「力を抜いてストレッチすること」が鍵なんです!

 

1、柔軟性を高めるストレッチのポイントは力を抜くこと!

骨盤を立てて脚を開き、開脚の形になったら、あとはひたすら、「太もも・内もも・もも裏」の力を意識的に抜くことが大切です!

開脚はストレッチの中でもハードなストレッチです。筋肉は無理に伸ばそうとすると縮んでしまう「反射」の作用があります。そのため、開脚しようとすると筋肉が縮もうとし、自然と筋肉に力が入ります。「これ以上伸ばそうとするなんて無理」と感じるのはそのせいなんです。

なので、開脚するときはできる限りリラックス!意識して力を抜いてください。開脚の形になったら、とにかくリラックス。そのままキープし、ストレッチを行ってください。

筋肉の力が抜けると、筋肉は伸びやすくなり、開脚角度がほんの少し広がります。

 

🔻骨盤の立てて行う正しい開脚の仕方はこちら🔻

https://itomii.com/sys/?p=3818

2、無理に開こうとすると肉離れになるので要注意!

痛いのを我慢してでも開脚しようとして頑張りすぎると内もも(内転筋)の肉離れを引き起こすので要注意。

・内ももが痛くていつもより足が開かない。 ・開こうとするとロックがかかり、柔軟性が落ちたと感じる。 ・足がいつもより挙がらない。

このような症状は肉離れですので要注意。ストレッチをやめて安静にしてください。

繰り返しになりますが、開脚ストレッチはハードなストレッチです。1度、2度、少しでも角度が広がると、それは柔軟性が上がったということです!気長に毎日コツコツ行うことが理想の開脚への近道です^_^

https://itomii.com/sys/?p=2452

 



⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ