大人バレエ 開脚したいなら脚を開く前に骨盤を立てよう! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

■大人のバレエ情報

∟股関節

大人バレエ 開脚したいなら脚を開く前に骨盤を立てよう!

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

「脚を開こう開こうと思ってもなかなか開かない。私の可動域はここまでなんだわ」

と諦めるには早いです。今ある可動域を最大限発揮し、脚を開くには、骨盤を立てることが重要です。骨盤が傾いたままどんなにストレッチしても、努力が水の泡になってしまいます。

 

1、開脚のためになぜ骨盤を立てるのか?

股関節の柔軟性や、内ももの柔軟性を上げたいという目的からバレエでは開脚ストレッチを行っていると思います。

開脚をしようと思って、脚を開くことばかりに意識が向いても、その前に骨盤が立っていなければ股関節の可動域は落ちてしまいます。

具体的には、骨盤が立つとは、開脚した時に2つの坐骨が床に垂直に立っている状態です。この状態になっていると、開脚した状態で脚を開くための股関節の可動域が確保されます。

よくあるのが、柔らかいからといって骨盤が極端に前傾になった状態で開脚を行っている場合です。開いているように見えて、内股になっているのでバレエの動きと真逆になってしまうだけでなく、腰椎への負担が大きく、腰痛などのトラブルを招いてしまいます。

 

2、骨盤を立てる感覚がわからない方にはこのエクササイズ!

骨盤を立てる感覚がわからない場合にはこのエクササイズを行ってください!股関節の詰まりを解消し、坐骨がしっかり床から垂直になっている感覚をつかむエクササイズです。

Point 脚を骨盤の幅より少し広く開いて座り、お腹に力を入れた状態で股関節からお辞儀します。戻ってきたところで坐骨が床(ここでは椅子)に接しているのを確認します。

この感覚を保ったまま、開脚をしてみてください!

開脚するにはまずは骨盤を立てることから始めましょう!



 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ