コンディショニングをしてからバレエをする利点とは? | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエ パフォーマンスUP

コンディショニングをしてからバレエをする利点とは?

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

近頃、バレエのスタジオの中でバレエレッスン以外のクラスが増えています。例えば、ピラティスやジャイロキネシス、マスターストレッチなどなど。これらはひとくくりに『コンディショニング』と呼ばれています。
なぜ、バレエスタジオがコンディショニングを勧めるのか?コンディショニングとはそもそも何か?やるとどんな良いことがあるのか?詳しくまとめました。

 

 

1、コンディショニングとは何か?

『コンディショニング』の一般的な概念は、NSCAジャパンによると、
コンディショニング(Conditioning)とは、スポーツパフォーマンスを最大限に高めるために、筋力やパワーを向上させつつ、柔軟性、全身持久力など競技パフォーマンスに関連するすべての要素をトレーニングし、身体的な準備を整えることです。
バレエにおけるコンディショニングとは、体の癖を直し、弱い筋肉を鍛え、固まった筋肉を伸ばし、怪我をせずにバレエが上達するための体の底上げをしてくれるものです。全身持久力をアップさせることは当てはまりませんが、その他はバレエをするための身体的な準備を整える意味で同義と考えます。
では、コンディショニングをしてからバレエをする良さは何でしょうか?

 

 

2、「コンディショニング」をしてからバレエをする良さとは?

コンディショニングをしてからバレエをする良さは

怪我なく、無理なく、体が思ったように動くようになることです!

今まで見よう見まねでやっていたことが、コンディショニングによって体を自由に操作できるようになるのです。

例えば、レッスン中に「もっと肋骨閉じて!お腹へこませて!」「股関節から外に回して!」など先生に言葉で指摘された時のことを思い浮かべてください。

先生の言葉を頭の中でイメージできても、思うように体が動かない、動かせない。すると、どうにかこうにか、見よう見まねでやってしまう。この動かし方は合っているのだろうか、という疑問を抱えたまま・・・。

そんな経験はありませんか?

なぜ思うように体が動かせないのか、それは圧倒的な筋力不足だからです。

自分の体を思ったように動かすには柔軟性でもなく、持久力でもなく、筋力が必要なのです。

筋力をアップさせ、怪我なく、無理なく、体が思ったように動くようになるのがコンディショニング良さと言えます。

 

 

 

3、「コンディショニング」で得られる3つの効果

コンディショニングで得られる効果は3つあります。

それは

①バレエを踊るのに必要な筋力
②体の動きの癖の修正
③正しい体の動かし方

です。

コンディショニングではバレエのレッスンでは特に行き届かない筋トレをメインに行います。

バレエのレッスンだけだとどうしても自分の得意な筋肉ばかりを使ってしまいます。例えば、内ももを使って足をあげなくてはいけないのに、つい前ももに力が入る、というように。なかなか自分では意識できない筋肉を、意識して使えるようにトレーニングします。

またコンディショニングでは、あなた自身の体の感覚がとても重要です。きちんと正しい動かし方で動かせているかどうかは、動きの見た目よりも体の感覚が優先されます。

やればやるほど、正しい感覚が身につき、自然とバレエのレッスンで体を動かしたい方向へ動かせるようになったり、体の動きの癖を直すことにもつながります。

コンディショニングで行ったエクササイズはバレエのレッスン前に、終わった後に、そして自宅で行うことも可能です。見よう見まねで行うストレッチや筋トレより、あなたの体に合ったものを正しいやり方で行うことができるようになるのもコンディショニングの良いところです。

コンディショニングで得られる3つの効果を合わせることで、あなた自身の体を底上げしてくれます。

 

 

4、バレエレッスンだけでは上達できないのか?

そもそも、バレエのレッスンを受けるだけでは上達できないのでしょうか?

答えは、バレエのレッスンだけでは上達しないわけではありませんが、スピードが緩やかになります。

なぜなら、バレエのレッスンではバレエの動きを習得するためにすべての時間が当てられているからです。。

バーレッスンとセンターレッスン合わせて90分の中に、

・バレエのアーティスティックな動きを覚える
・振り付けを覚える
・音に合わせて動く

などが詰め込まれています。これだけでレッスン内容はいっぱいいっぱいです。

踊りやすい体づくりにはバレエのレッスン以外に効果的な筋トレやストレッチが必要です!なのでコンディショニングを取り入れることで、上達スピードを加速するんです!

また、バレエのレッスンだけを続けるとつい自分のやりやすいように体を動かしてしまい、なかなか思ったように体を動かせない。また、体の癖がそのまま動きに反映され、体に無理をさせた結果、足首や膝、腰、肩を痛めるなど、最悪の場合、怪我をしてしまうこともあります。

 

 

 

5、もっとバレエを踊りたい、上達したいという人こそコンディショニング!

もっと踊りたい、上達したいという人ほど体に負担がかかっていることに気づいていない傾向があります。

例えば、

・自分のレベルより高いクラスを受ける
・ハードなストレッチをする
・無理に高く足を上げる
・レベルに達していないのにトウシューズを履く

など、バレエが楽しくて、もっと踊りたい、上達したいという人ほどレッスンに一生懸命です。

努力をしている一方、体には負担がかかり、怪我に気がつかないまま踊ってしまったり、痛みがなかなか治らないなんてことにもなります。

そんなバレエをもっと踊りたい、上達したい人にこそコンディショニングの存在を知っていただき、コンディショニングを行うことでさらにもっとバレエを楽しんでいただきたいのです。

 

 

 

6、「コンディショニングをしてからバレエをする利点!」まとめ

プロのバレエダンサーが長年バレエを踊り続けていられるのはなぜだと思いますか?生まれつき体型に恵まれているから?体が丈夫で怪我をしないから?

理由は、自分の体の状態や癖を知り、バレエと並行してコンディショニングをし続けているからです!

プロのダンサーも人間ですので、思うように体が動かなかったり、怪我に悩まされることもあります。

コンディショニング無しに、好き勝手踊り続けることはできないのです。

バレエを長く楽しみたい、そんな思いが、怪我や体の痛みで断念しなければならないのは辛いことです。

コンディショニングはバレエを楽しみたいすべての方に必要なものです。

自分の体を自由に動かすための筋力をつけ、怪我を未然に防げる体になれる、それこそがコンディショニングをしてからバレエをする利点です。

 

⭐️お問い合わせ・ご相談はLINE@からどうぞ。
友だち追加

メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

当サロンは姿勢の改善とバレエのパフォーマンスアップが出来る専門店です!

PAGETOP
ページトップヘ