バレエレッスンでの気づき!床で出来ないことは立って出来ない! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエレッスンの気づき

バレエレッスンでの気づき!床で出来ないことは立って出来ない!

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 



いつものお休みの過ごし方。バレエのレッスンを受けに行きました!

今回は改めて、床でのエクササイズで 出来ないことはバレエで立ってやろうとしても出来ない!ということを実感。 わかってはいたけど・・・やっぱりそうでした!

 


それはバーレッスンでのある場面。

このタンジュという足を一歩出す動きの時に、 よくバレエの先生に「内もも意識して!」と言われます。

内ももを意識する理由は、 ・股関節を外旋するため ・最小限の力で足を出すため ・膝が無意識に曲がらないようにするため など。

タンジュ以外でも、バレエで足を動かすときは内ももの意識が常に必要です。 意識が無いと、つい太ももに力が入り、動きが制限されたり、違うものになります。

この内もも、立って意識する、動きながら意識するのは難しいです。 感覚に頼りすぎると、いつも一か八かで、出来る時と出来ない時が出てしまいます。

 

この内ももの意識をすぐにつかんで、常に行えるように、 こんなエクササイズを自主トレでやっていました。

1、仰向けに寝て、お腹の力を入れたまま、片足を前に45度挙げる。 2、その位置で股関節から外側に回し、内ももを意識し、足首の力を抜く。 3、8~10回上げ下ろしを繰り返す。

床に寝て、内ももを意識しながら足をあげおろす、これだけです。 内ももの筋力がどれくらい力を発揮できるかわかります。

この時の内ももの使い方を習得したのち、タンジュという動きでも同じように内ももを意識。

すると、バーレッスンでも自然と内ももを使って動けるようになります!

 

やっぱり、立って動きながらどこかの体の部位を意識するのはムズカシイ!

パズルのように1つ1つエクササイズで意識を高めておくと、 バレエのレッスンにより集中できるなと改めて実感しました。

逆に、床のエクササイズで出来ないことは、 立って動きながらやろうとしても無理があると思いました。

 



実りあるレッスン。 脳も体も疲労しました💦

この日は友人とレッスンを受けた後、ランチして帰りました〜❗ サラダランチ@表参道Zelkova❗

動いて、食べて、喋りまくって充実です☺

今日で2月が終わりますね。春の嵐の予感です❗



 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加

⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2



PAGETOP
ページトップヘ