大人 バレエ 肋骨が動かないのは呼吸が浅いのが原因です! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエ 体の使い方

大人 バレエ 肋骨が動かないのは呼吸が浅いのが原因です!

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 



バレエのレッスンで「肋骨閉じて」と言われる時、あなたは自然と肋骨を動かすことができますか?

おそらくすぐに肋骨を閉じられる方は肋骨が動いていますが、肋骨って何?そんなところ動くの?と思っている方もいらっしゃると思います。

肋骨が動いていない人に共通しているのは呼吸が浅いことにあるのです。

 

1、肋骨が動かない理由は呼吸が浅いから!

肋骨が動いていない、肋骨を動かそうとしても意識がない・わからない、その理由は呼吸が浅いからです。

今、立って大きく深呼吸してみてください。深呼吸をすると、肋骨だけでなく、胸が開き、肩が上がり背中が伸びる感覚があると思います。呼吸をすると肋骨だけでなく様々な部位が動くということを体感することが大切です。

肋骨を単体で動かすには、様々な部位が動くことを認識した上でできるようになるのです。

また、肋骨の感覚を持ちにくい要因として考えられるのは、①バレエのレッスンでは常にお腹を意識しているので呼吸が浅くなってしまい、肋骨が動かない。そこまで気を配れない。

②ヨガやピラティスのエクササイズでは肋骨の動きを意識して呼吸を行う時間があるが、バレエでは呼吸のみを行う時間がない。(そもそも教えられていない。) があると思います。

 

3、しっかり深呼吸!今すぐできる肋骨を動かす2段階 呼吸エクササイズ!

今日は呼吸によって様々な部位が動いている意識を持ち、そこから肋骨を単体で動かすための呼吸エクササイズを紹介します。

1段階:立って大きく深呼吸! まず、胸が開き、肋骨が開き、肩が上がり背中が伸びるなどの体の様々な部位が動く感覚を感じてください。

2段階:肋骨が動いているかを確認! 立ったまま、自分の抱きかかえるようにして手のひらで肋骨を触ってください。 呼吸のたびに肋骨が動く感覚がわかると思います。

私もピラティスや筋トレを学ぶ前は、常に肋骨が開いている状態で、閉じようと思っても動かせない時期が本当に長かったのでよくわかります。呼吸に意識を向けることで、肋骨が動く感覚をつかむことができました。

ぜひ、取り入れてみてください!

LINE@でトレーニングの内容、ブログの質問等受け付けております。お気軽にどうぞ!^_^

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2



https://itomii.com/sys/?p=3211
PAGETOP
ページトップヘ