バレエ 反り腰 になってしまう理由と筋トレで行う解決策! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

大人のバレエ情報

反り腰・腰痛

バレエ 反り腰 になってしまう理由と筋トレで行う解決策!

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

バレエをやっているともっと体を動かそうと思うあまり、反り腰になってしまう、そんな経験はありませんか?反り腰になるとバレエのアンデオールもうまくいかず、さらに腰も痛くなるという悪循環。反り腰を続けるとパフォーマンスが下がってしまうのです。今日は反り腰になる理由とその解決策をまとめました!

 



1、バレエでつい反り腰になってしまう理由

バレエでは、股関節を外旋し(アンデオール)た時点で体重が前重心になります。加えて、かかとをあげる動作(ルルベ)や、片足になるなどバランスが不安定になる動作が多いため、前重心だけでは体を支えられず、腰で姿勢を支え要路して、反り腰になってしまうのです。

バーレッスンでバーを持っていたり、動きが少ない時は気をつけられますが、ダイナミックな動きになればなるほど反り腰になりやすくなります。

バレエの動きの構造上、反り腰になりやすいですが、この反り腰を防ぐのがお尻の筋肉なのです!

 

2、”反り腰”を防ぐにはお尻の筋肉を鍛えよう!

反り腰を防ぐには、骨盤を立てた状態をキープするためのお尻の筋肉を鍛えることが重要です!

お尻の筋肉を鍛えることで、「お尻の筋肉が使える→骨盤が立てられる→お腹及び体幹への意識が持てる」という良い循環を生み出すことができます。(これが体をコントロールして動かすことでもあります。)

反り腰になると、自然と腰に力が入り、お腹の力は抜けてしまいます。

これでは、アンデオールどころか、思ったように体をコントロールできないのです。

お尻の筋肉を鍛えるベーシックなエクササイズはこちら↓↓↓



3、反り腰のまま踊り続けると腰痛を引き起こします!

反り腰によって、常に腰部の筋肉が収縮し、腰痛を引き起こす原因となります!

反り腰は動きが制限され、さらに腰痛も引き起こす・・・。これではバレエのパフォーマンスが下がってしまいます。

お尻のトレーニングを行うことで、反り腰が解消されます。

反り腰を指摘されてもなかなか思うように体が動かない・・・その悩みはお尻の筋トレで解決されます!

以上、バレエ 反り腰になってしまう理由と筋トレで行う解決策!でした。

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ