大人バレエ ルルベをしている時に腰が痛くなる原因とは? | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟反り腰・腰痛

大人バレエ ルルベをしている時に腰が痛くなる原因とは?

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

ルルべ(かかとをあげる)をしている時、なぜか腰が痛い・・・。

これはバランスを取ろうとする力が全て腰にかかってしまっているのが原因です。これはお腹に力が入りづらい、お腹の力が弱い段階によく起こります。解決策は「筒」をイメージすること!片足ルルべでも両足ルルべでも、人によってはかかとがついたままのバランスでも同じです!^^

1、ルルベしている時に腰が痛い理由

ルルベ(バランス)をしている時に腰が痛い理由は、腰に寄りかかった姿勢をしているから。写真のように、お腹の力が抜けて、腰に体重がかかっているのです。

この姿勢のまま、ルルベをすると、バランスを取ろうとする力が全て腰にかかってしまいます。また、お腹に力が入らないため、ルルベのバランスもうまく止まることができません。

この腰に寄り掛かるような体の使い方を続けることで、腰の筋肉に負担がかかり、痛みを感じるようになるのです。

 

2、骨盤は立っていてもこの姿勢では腰に負担がかかったままです!

ちなみに、この腰に寄り掛かる姿勢は骨盤の位置が前傾だから、後傾だから、というのは関係ありません。骨盤が立っていたとしても、お腹の力が抜けて、腰に寄りかかっていては、結果として同じことなのです。

 

3、体幹が筒になったようなイメージで体を引き上げよう!

ルルベをしている時に腰が痛いと感じる場合は、腰に寄り掛かる姿勢が癖になっていることがほとんどです。なので、「お腹を引き上げよう」という意識を持つのは難しいです。

そこで、まずは、体幹が筒になったようなイメージを持ってください。お腹と背中が一直線です。

そして、お腹を触って押してみて、硬くなっているか確かめてみてください。その時は腰に溝ができないくらいの力の抜け具合になっています。その姿勢で腰が痛くなっていないことを確かめて、ルルベをしてみてください。

お尻と内ももを中央に寄せるような意識を忘れずに!

まとめ

「腰が痛い」と言っても、体のどの部分を意識して踊るかで、腰への負担は変わります。体のどの部分を意識して体を動かすか、それは一か八かではありません。自分で意識して体を動かせるようになることこそが、怪我なく腰痛に悩まずバレエを楽しく踊れることにつながるのです。

以上、大人バレエ ルルベをしている時に腰が痛くなる原因とは?でした。

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ