幼い頃に憧れだったバレエを大人になった今、始めたい! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエコラム

幼い頃に憧れだったバレエを大人になった今、始めたい!

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

幼い頃に憧れだったバレエを大人になった今、始めたい!

そんなあなたにこのブログが届いていると嬉しいです。

まだまだ世間一般的にはバレエは子供の時からやらないと 上達できない、なんてイメージがあると思います。

 

でも、私はそんな風には思いません。

例えば、大人になってからテニスを始めるとします。

ラケットの持ち方から始まり、基本の動きを習い、 ボールを打ち返せるようになり、 少しずつ動けるようになり、 ラリーが続くようになり、 試合が出来るようになる。

積み重ねることで少しずつ形になります。

いきなり、試合はできませんよね?

バレエも同じです。

 

まずはバレエの基本姿勢から。加えて、手の動き、足の動き。 棒につかまって行うバーレッスンから 棒を離れてのセンターレッスンへ。

動きを覚えて1曲の踊りへ。

”できる”までには確かに時間がかかりますが、 ”できた”時の感動は本当に嬉しく、楽しく、そこには喜びがあります。

 

また、バレエをすることで、

立ち姿や姿勢が美しくなる。 しなやかな筋肉がつき、全身が引き締まる。 体力がつき、疲れにくい体になる。

など、美しく健康になれるのです。

そして、バレエの音楽や舞台など、鑑賞の楽しみも増えます。

イメージが膨らみますよね!

 

とはいえ、大人になってからの体を動かすとなると、心配になることもあると思います。

例えば、体が硬いからといって、子供と同じように開脚や前屈などハードな柔軟体操をやっては バレエを踊る前に体を壊してしまいますよね。

 

私の考える大人のバレエは、

怪我のない・動きやすい体の動かし方を学びながら バレエを踊ることです。

 

体が硬いからといって、開脚ばかりやっては 股関節を痛めたり、内ももの肉離れを起こしてしまう。

足が上がらないからといって、無理にあげようとして、 ふとした瞬間に腰を痛めてしまう。

そんなことがないように、 解剖学に基づいた筋トレとストレッチで 動かしやすい体を作っていきます。

そして同時進行で、ポイントを押さえてバレエの動きを行います。

これからバレエを始めようと思っている方には 健康も美も、バレエの楽しさも同時に体感していただきたいなと思っています。

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ