それやってませんか?体が硬くなる3つの間違ったストレッチ方法 | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■ストレッチのこだわり

■ストレッチのこだわり

それやってませんか?体が硬くなる3つの間違ったストレッチ方法

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。




「どんなに頑張ってもなかなか筋肉が柔らかくならない。」
「小さい頃から体が柔らかくないから無駄。」
「ストレッチは痛いからもうやりたくない。」

ストレッチをしてもなかなか体が柔らかくならない理由はなんだと思いますか?

それは間違ったやり方でストレッチしているからです。

今日はセルフストレッチでやりがちな間違った3つのストレッチをお伝えします。体が硬いなと感じている人は気がつかないうちにやってしまっているかもしれません。



 

1、勢いをつけてストレッチしている

学生時代の準備運動。「イッチ、ニー、サンッ、シーーー・・・!」掛け声をかけながら勢いをつけて行うストレッチ。今もやっていませんか?

勢いをつけてストレッチすると、よく伸びているように感じますが、逆に筋肉を縮ませているのです。体が温まっていないうちにこれをやると怪我をする恐れもあります。

ストレッチは勢いをつけない。伸ばしたい部位を静止させてストレッチするのが一番効果的です。目安は20秒〜30秒、じんわりと伸ばすと良いとされています。

 

2、痛いと感じるほど強くストレッチしている

「ストレッチは痛い」「ストレッチは我慢してやるもの」と思っていませんか?

ストレッチをしている時、痛いと感じている場合、痛みを我慢している場合、それは強度が高すぎます。筋肉は強く伸ばすと逆に縮んでしまう「反射」という作用があり、この作用が働くとせっかく伸ばしている筋肉がかえって硬くなります。

目安は「痛気持ちいい」と感じるほどでOK!無理せず、頑張りすぎず、痛気持ちよさを目指してストレッチしましょう。

体が硬いと感じている方は、お風呂上りに体が温まった後に行うと痛みが軽減します。

 

3、力んだままストレッチしている

伸ばしている部位にギュッと力が入っていませんか?これは力んでいる証拠です。

先ほどもお話ししましたが、「筋肉は伸ばすと縮む作用(反射)」があります。この作用が働かないように意識しながらストレッチすることが重要です。

なので、ストレッチしている時は伸ばしている部位の力を意識して抜くようにしましょう。

ふくらはぎを伸ばしている時はふくらはぎの力を抜くように。開脚している時は内ももの力を抜くように。

力んでまでギューギューストレッチをしよう!と思えば思うほど反射の作用が相まって、筋肉は硬くなります。頑張り方は筋トレと真逆で、力を抜くように、リラックスを心がけてくださいね!

 

あなたはどれか当てはまっていましたか?

効率よくストレッチを行うためには、

・弾まず静止
・痛気持ち良いところでストレッチ
・伸ばしている部位は力を抜く

この3つを意識してストレッチしてくださいね!

そして何よりも、ストレッチは継続が大事。10日間、1日5分間続けると、体が柔らかくなったなど変化を感じられるはずです。

以上、「それやってませんか?体が硬くなる3つの間違ったストレッチ方法」でした。

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加

⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ