大人バレエ 自分じゃ見えない後ろ姿を美しく見せる2つのポイント | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

大人のバレエ情報

バレエ 体の使い方

大人バレエ 自分じゃ見えない後ろ姿を美しく見せる2つのポイント

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

「バレエのレッスン時、合わせ鏡に映った自分の後ろ姿に愕然としました。。。イメージしていた背中よりも丸くて驚きました。」

はい、そうなんでございます・・・。

実際に私たちが見えているのは正面と真横だけ。後ろ姿の自分をまじまじと見る事は日常生活ではほとんどありません。

バレエの先生に後ろ姿を指摘されたとしても見えていないので、どう直せばいいのか?どうしたらいいのか?と迷うことも多いと思います。

そこで今日は、バレエを踊っている時の後姿も美しくするためのポイントをまとめました。

 

Point1、体の真ん中のラインを意識してみよう。

頭から踵まで、一直線のラインがあることをイメージしてください。(わかりやすく十字にしていますが、真ん中の線をイメージしてください)

この線をイメージしながら体を動かすことが後ろ姿を綺麗に見せてくれます。

例えば、後ろ足にタンジュした時、アラベスク(後ろに足を上げる)したとき、後ろ方向の動きに関して、私たちは意識しなければ、無意識に体の中心線から外れた部分に足を出しています。

後ろ姿を美しく見せるには、まずはこの後ろから見た時の足の位置、手の位置を確認することが重要なのです。

体の中心線を意識しながら足を出したり、手のポジションを決めることで、体のラインを縦長に見せることができ、後ろ姿がすっきりとまとまった印象になるのです。

 

Point2、肩甲骨を下げる意識を持とう。

後ろから見た背中を美しく見せるのは、肩甲骨を下げる意識が大切です。
筋力がないうちはこれをやっているだけでもかなり疲れると思いますが、慣れていくと少しの力で肩甲骨を下げることができるようになります。

後ろ姿で何といっても気になるのは猫背。特に踊っていないなんてことのない間が要注意です。
バレエのレッスンだけではなく、普段の生活の中から、少しずつ取り入れいてみてください。

 

まとめ

目では見えない部分だからこそ・・・意識一つで猫背から後ろ姿美人へ。
バーレッスンでは意識できていたとしても、センターレッスンや、何気ない小走りでつい人は無意識になるものです。

しかし、バレエをやっている人であれば、手を真横に開き、キープしているので、何もしていない人よりは絶対に背中の筋力があるのです!

ある筋力はしっかり使う!後姿を常に意識してレッスンを受けてみることをおすすめします。

意識1つであなたも今日から背中美人になれるのです。^_^

⭐️お問い合わせ・ご相談はLINE@からどうぞ。
友だち追加



⭐️3月の体験レッスン募集人数は2名です。
残1名様となりました。
予約受付しておりますので、LINE@からご連絡ください。
(90分12,000円のところ、体験レッスンは90分8,000円です。)



メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2



 
PAGETOP
ページトップヘ