大人バレエ 初心者 危険!間違った開脚は肉離れを引き起こします。 | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟股関節

大人バレエ 初心者 危険!間違った開脚は肉離れを引き起こします。

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

バレエの柔軟体操としてよく行う開脚。 今日は開脚をすることで起こる、意外と知られていない怪我についてまとめたいと思います。

大人バレエ初心者:間違った開脚は肉離れを引き起こします!

2016年は、べたっと開脚する本が本当に売れに売れて、 これがまたフィットネス業界の盛り上がりに 拍車をかけたのではないかと個人的に思っています。

トレーナーとして、 バレエをやってきたものとして・・・

こんなに開脚ってみんなが大好きなものなんだ! と驚きました。まさに目から鱗。

開脚を人生で一度はしてみたい!!! 開脚できたらなんかすごい!!!

そんな方も多かったのかもしれません。

バレエの柔軟体操でも毎回行う開脚。

私も幼い頃から開脚やってました。

 

頑張って開きたい!目指せ180度! 「隣の〇〇ちゃんが柔らかい!」 「自分も負けないように頑張らなきゃ!!!」 と時には内ももが痛いなと思いながら開脚していました。

そうしたらある時から、開くのも痛い。 しかも前より、角度が狭くなってる。 なんか屈伸するだけで内ももが痛い。 痛いところがものすごく硬くなっている・・・。

バレエに打ち込んでいた頃、この痛みは当たり前だと思っていました!

が、

この内ももを痛めるというのは 内もも(内転筋)の肉離れだということを、 トレーナーになってからわかりました。

 

もう一度言います!

 

内ももを痛める=肉離れ でございます!!!



 

このことをご存知でしたか?

何歳からでも筋肉は柔らかくなります。 ただストレッチにもコツがあります。 それは伸ばした時の”痛気持ち良さ”を大切にすること、です。

ストレッチして痛める時は 無理して、ぎゅーぎゅー!痛くても頑張らなきゃ! って力んでいる時です。

他にも、股関節周りを柔らかくしたり、 お尻やふくらはぎ、もも裏など 内もも以外の部位をストレッチする必要があります。

トレーニングでは当たり前のことを バレエだけをやっている時はわかっていませんでした。

そして、痛めた時は無理せず安静にすることが大切です。

 



バレエだけをやっていた時は 気がつかなかったことが山ほどあります。 柔軟すればいいって思ってました。 でも過度な柔軟をすると硬くなることも知りませんでした。 「どうしてストレッチしてもしても 柔らかくならないんだろう・・・」ずっと悩んでいました。

お恥ずかしながら、トレーナーになった今の方が 痛みなく、さらに開脚できるようになりました。 縦開脚(スプリーツ)も、以前より正しい形でストレッチできるようになったので グラン・パ・ドゥ・シャの時も綺麗な形で飛べるように。 良いこと尽くしです。 子供の頃に知っていれば〜〜!なんて思いますが、 この学びがあるから、今生かされているのかな、なんて思います^_^

以上、大人バレエ初心者:危険!間違った開脚は肉離れを引き起こします!でした!

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ