大人バレエ 良い姿勢を保つのに肩甲骨を寄せ続ける必要はありません! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエ 体の使い方

大人バレエ 良い姿勢を保つのに肩甲骨を寄せ続ける必要はありません!

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

「背中が丸まっているから、胸が開いて見えるように肩甲骨を寄せて!と注意されるんです。
やり続けているときはいいけれど、やめると途端に猫背になってしまうんです。でもやり続けるのは疲れるし、他の注意ができなくなります・・・。どうしたらよいでしょうか。」

こんな質問をいただきました。

猫背が気になって良い姿勢にしようと思うのはとても良いことです。しかし、背中が筋肉痛になる程やり続けると、それはやりすぎ。肩甲骨を寄せることで腕の動き、肋骨の動きが制限されてしまい、スムーズにバレエの動きを行うことが難しくなってしまいます。

バレエのレッスンの中で、「肩甲骨を寄せるという意識のみ」で姿勢を改善しようと思わないでくださいね。

では、どんなことをしていったら良いのか、解決策をご紹介します。

 

1、背中が丸まってしまう原因を考えてみよう。

あなたが背中が丸まってしまう原因は何か、考えてみてください。日常生活とバレエの時間と合わせて考えてみてください。例えば、

<日常生活>
・デスクワークで下を向いている時間が長い
→度々、肩回しや首のストレッチを行い

・首が前に出るのが楽
→背中の筋肉が弱いため、背筋のトレーニングを行う

・荷物が重く、巻き方になってしまう
→荷物の持ち方を変えてみる  etc

<バレエ>
・バーを持つ手に力が入りすぎる
→バーを持つ位置を変える、バーの横に立つ位置を変える

・足のことばかり気にしてしまう
→足と手を別々に考えず、からだ全体を動かすイメージを持って踊る etc

背中が丸まってしまう原因と考えてみることで、どんな時に気をつければ良いか?それに対する改善策を考えることが大切です。

自分ではわからない、という場合はぜひLINE@でこ質問ください。^_^

 

2、自分の姿勢を知り、猫背をトレーニングで改善する!

バレエにおいて、多少の意識で猫背が改善するのであれば良いかもしれませんが、筋肉痛になる程、肩甲骨を寄せなくてはならないとなると、それは意識をし続けること自体に労力を使ってしまうので、とても大変なことだと思います。

なぜなら、バレエのレッスンでは、順番を覚えたり、動きのコーディネーションを頭の中で考えたり、音楽と踊りの雰囲気を表現したりと瞬間的に、同時にやらなくていけないことがたくさんあるからです。

姿勢は、何も考えなくても、無意識にバレエの姿勢に、無理なく自然にいられることが理想です。

そのために、自分の姿勢を知り、今回の場合であれば猫背を、何も意識しなくても綺麗な姿勢で居られるようにトレーニングを行うことが何よりの近道だと考えます。

バレエで姿勢に悩んでいる方は、ぜひご質問ください。必ずご返信いたします♫

 

⭐️体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から!友だち追加



⭐️3月の体験レッスン募集人数は2名です。
満席となりました!ありがとうございます。
(90分12,000円のところ、体験レッスンは90分8,000円です。)



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2

PAGETOP
ページトップヘ