「バレエの先生が話している言葉の意味がわからない」を解決します! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

大人のバレエ情報

バレエ パフォーマンスUP

「バレエの先生が話している言葉の意味がわからない」を解決します!

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 

大人になった始めたバレエを上達したい!バレエを楽しむ大人女性の体づくりをサポートするのが、”バレエのパフォーマンスアップトレーニング”。

今日は「バレエの先生が話している言葉の意味がいまいちわからない」というお悩みに答えます。

イメージを伝えているのか?それとも本当に言った通りに体を動かせばいいのか・・・それを解決するのは「思ったように体を動かす筋力」です!

 

1、先生の言葉に混乱してしまう理由。

先生は、振付やポジションの話の他に、体の動かし方のイメージを使って教えてくれます。

例えば、腕を大きく動かして欲しい時には、「鎖骨を外側に開くように」「鎖骨から腕が伸びているように」、挙がっている肩を下げて欲しい時には、「首が短くなってるよ、首長くして」「肩に乗った荷物を下ろして」というように。

鎖骨を外側に開くことも、首を長くすることも、実際にはできません。よね?

絶対にありえないことですが、イメージして体を動かすためにこのような言葉を使っています。

しかし、バレエを始めたばかりですと、実際に体を動かすための指示なのか、動きのイメージを伝えるための指示なのか混同してしまい、結果、間違った体の動かし方をしてしまい、悩みにつながっているのです。

 

2、「思ったように体を動かす筋力」が解決します!

当サロンでは、先生の言っている動きのイメージを頭の中で理解し、自分の体をイメージ通りに動かせるようにするための筋力を作ることができます。

例えば、「首を長く伸ばしたい」のであれば、「背筋を動かして肩甲骨を下げる」。「鎖骨を外側に開きたい」のであれば、「猫背気味になりやすい肩が自然と真横の位置になるように背筋・脇の下・胸筋をトレーニング」。

思ったように自分の体を動かせる筋力がないと、「こうかな?」「ああかな?」と闇雲に体を動かしてしまい、先生の指示通りに体を動かせなかったり、間違った部位を動かして肩こりや腰痛につながったり、変に筋肉が発達してしまったりと別なお悩みを作ってしまいます。

思ったように体を動かせれば、先生の指示通りに体を動かせるので、どんどん上達し、できることが増えてとても楽しいです🎶

そんな、バレエを楽しむ大人女性の体づくりをサポートをしています^_^

トレーニングの内容が気になる!バレエに関するお悩み相談などお気軽にLINEしてくださいね。いつでもご相談、受付しています!

⭐️お問い合わせ・ご相談はLINE@からどうぞ。 友だち追加



メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2



 

https://itomii.com/sys/?p=4062
PAGETOP
ページトップヘ