バレエでの体の痛みに「使いすぎ」と言われた時にあなたはどうする? | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエ パフォーマンスUP

バレエでの体の痛みに「使いすぎ」と言われた時にあなたはどうする?

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

バレエを踊っていて出てくる体の痛み。

心配で病院へ行った時に、「何も問題ありませんが、体を使いすぎですね」と言われたら・・・あなたならどうしますか?

あなたが怪我なく、健康に、長く楽しく踊り続けるために必要なことをまとめました。

 

 

1、バレエで出てくる体の痛み!「使いすぎ」と言われた時にあなたはどうする?

バレエを踊っていて、気づかぬうちに出てくる体の痛み。肩や腰、股関節、膝など「ここが痛い」とわかる時もあれば、なんとなく甲が痛い、どこかわからないけど足の付け根が違和感、などわからない時もあると思います。

そんな時、病院へ行き、言われる言葉「(体を)使いすぎですね」「お休みするとなおりますよ」。

これは「骨が折れた」とか「筋肉が損傷した」という何か体に損傷があるわけではなく、「疲労」「オーバーワーク」によって起こっています。

発表会の前や、いつもよりレッスンが多かったりすると起こるかもしれません。

あなたは経験ありませんか?この言葉に対して、あなたはどんな行動をしますか?

 

2、あなたが怪我なく長く踊り続けたいのなら!

人によって取る行動は様々だと思います。

色んな選択肢がある中で、体を健康に怪我なく保ち、長く踊り続けたいと思うなら、いやでも休んでください!

今、無理して踊ることができても、その時の体の痛みをかばって動いているので、さらに大きな怪我につながる、また、筋肉のバランスが崩れて別な体の痛みを引き起こす可能性があります。

プロフェッショナルの方々は24時間体のために過ごしているので、バレエ以外に食事や筋力トレーニング、リハビリなど「少し無理をしてもいい」ためにあらゆる準備を行っているので、毎日何時間も踊り続けられます。それでも怪我や体の痛みと戦っている場合もあります。。

私たちはプロではない。だからこそ、体を健康に怪我なく保ち、長く踊り続けたいと思うためにできる「休むこと」がとても重要です。

https://itomii.com/sys/?p=2452

 

体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から! 友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2



 
PAGETOP
ページトップヘ