大人バレエ 滑らかに腕を動かしたいなら二の腕を常に意識しよう! | 恵比寿駅徒歩4分女性専門トレーニング&ストレッチサロンitomii

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらからどうぞ

■大人のバレエ情報

∟バレエ 体の使い方

大人バレエ 滑らかに腕を動かしたいなら二の腕を常に意識しよう!

こんにちは!

ブログにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

 



バレエは見るのとやるのでは大違い!

バレエの腕の動きは見た目は滑らかで、リラックスして自由に動いているように見えますが・・・実はものすごく筋力を使っているんです!

「なかなか滑らかに腕を動かすことができません。」

そんなお悩みには、二の腕の意識が解決してくれます!

 

1、 滑らかに腕を動かしたいなら二の腕を常に意識しよう!

バレエの滑らかな腕の動き。見た目では柔らかく、リラックスして自由に動いているように見えますが、実は全然違います!これはバレエを実際にやってみてわかることかもしれませんね。見た目とは全く違い、腕を滑らかに動かすには筋力が必要です。

その筋力とは、「二の腕」です。腕を横にキープしている時も、動かしている時も、常に二の腕を意識したいのです。

二の腕を使わずに腕を動かそうと思うと、肩が上がってしまったり、背中に力が入ったりと使ってほしくない部位に力が入ってしまいます。

また、腕を動かす時に常に二の腕の意識があると、腕が滑らかに動くだけでなく、体幹を安定させながら体を動かすことができます。

腕を滑らかに美しく動かしたい!と思う時に、体幹がゆらゆらと動いているとうまくいきません。

二の腕を意識しながら腕を動かすことで、体幹が安定し、腕を滑らかに動かすことができるのです。

 

2、二の腕を意識しながら腕を動かす方法とは?

いきなり腕を動かさず、まずは静止した状態で意識してみましょう!

二の腕意識①:手を真横に開き、肩を下げた状態で、両側から引っ張られているように手を外側へ伸ばす。

まずこれをやってみてください。このエクササイズで二の腕の感覚がなければ、腕を外側へ引っ張る意識が弱いか、肩や背中に力が入っているかのどちらかです。

 

二の腕意識②:①の状態から手を真横に開いた状態で、バレエのアームスに腕を変えます。肘が落ちないように気をつけてください。

この状態で二の腕を意識したまま、腕を動かす練習を行ってみてください。腕が滑らかに動いている人はこの意識を常に持ったまま、踊っています!^_^

最初は腕を横にキープするだけで大変かもしれませんが、二の腕がどんどん使われ、腕は引き締まり、腕を滑らかに動かしやすくなります。

ぜひやってみてくださいね!

 

 

体験レッスンのお申し込み・ご相談はLINE@から! 友だち追加



⭐メールでのお申し込みはこちら→https://itomii.com/?page_id=2



 
PAGETOP
ページトップヘ